復興ログハウス支援協会 協賛 ログハウスのキートス
「東日本震災復興を応援したい!」

 

被災地域に被災者自身で、又は被災地区の方々だけで「ログハウス住宅」を建てる活動を支援しています。

 

ログハウスキットもボランテア価格に設定し、被災地の復興を目的としています。

ですから、「り災証明書をお持ちの被災者の方」 限定です。

被災地以外の方、興味本位の方や業者の方には お分けできません。

 

被災者の方、被災地域のNPOの方 などのお問い合わせをお待ちしています。

 

復興ログハウス支援 ・ 株式会社 キートス ログハウス  電話: (025)-233-5005  

 

復興ログハウスキット 小住宅プラン

 

「被災された高齢者や小家族の方に できるだけ少ない予算や災害保証金などの範疇で 小住宅を提供したい」 という思いで

ログハウスキットのプランを作成しました。 資金的にゆとりがあり、大きな住宅を計画されている方々を対象にしていません。

 

「復興支援のためのログハウスキットプラン」として、現在は下記の3プランです。 

 

 

FKSP-56

 

 

 

 

 

FKSP-58

 

 

 

 

FKSP-68

 

 

建築面積: 30 ㎡ / 約 9 坪

302.6万円~

建築面積: 40 ㎡ / 約 12 坪

333.2万円~

建築面積: 48 ㎡ / 約 14.4 坪

364.0万円~

 

※ キットには、設備機器や屋根仕上材etcは 含まれていません。

※ 工事費は含まれていません。

※ オプションなどについては 個々にお問い合わせください。

※ もう少し大きいログハウスや ロフト付のログハウスについては キートスに直接お問い合わせください。

 

キートス ログハウス TEL 025-233-5005

 

復興ログハウス住宅を提案する理由-1

 

フィンランドの輸入マシンカット・ログハウスキットで建築します。

 

そのマシンカットのログハウスキットは、すでに80%以上完成された建築キットであり、いわば大きなプラモデルです。

 

建築経験や専門的な技術や特殊な工具も必要ありません。 

基礎的な学習としっかりした建築マニュアルがあれば、

未経験者の素人でも ログハウス住宅を建てることが出来ます。 

 

自分で(または、自分たちだけで) 住宅を建築することは

建築費の大半を占める現場の職人さんのコストを削減でき、

1/2程度の建築費でも 住宅建築が可能になります。

そのための指導&サポートは キートスのスタッフが行います。

 

ログハウスの利点

 

1.ログハウスは、冬は暖かくて 夏は涼しい 極めて断熱効果の高い健康住宅です。

2.丸太組み工法によるマシンカットログハウスは 地震にも強い堅牢な建物です。

(阪神淡路や新潟中越地震でも証明されました)

 

 

キートスが災害復興ログハウスを提案する理由

 

「ログハウスキットを使えば 素人でも立派なログハウスが建てられる」

として キートスが約20年間 ビジネスを培ってきたその実績と

多くの素人ビルダーさんの 賛同と応援の声を聞いて 

東日本震災の被災者の方々に キートスなりの方法で

「何か役に立つことはないだろうか」 と考えてきた結果です。

素人オーナー達の建築記録-参考ホームページ

 http://www.kiitos.jp/selfbuilder/index.html

キートスにおいては 100%復興の支援として考えています。

 

提案の理由

 

マシンカットのログハウスキットを使えば、

1.素人だけで(建築未経験者だけで) 住宅が建てられます。

2.仮設住宅ではなく、快適な住環境を得られる。

3.建物本体は 2週間程度で組み立てられる。

4.被災者や現地で職を無くした方々などに 一定期間の職業としての機会も与えられる。

5.膨大な住宅建築需要に対して、県外の建築業者に大半を依存することは得策ではない。

今後予想される国内での建築資材の高騰や建築資材不足、震災を千載一遇のビジネスチャンスと捉えて

 適切な価格での建築がなされない場合もある、 復興の資金の大半が被災県外の業者に流れる、

 など 以前の震災時に指摘された多くの問題が存在しています。

6.建築費の大半を占める現場での職人の工賃を大幅に節約できる。

規格プラン(一定の条件で量産が可能なプラン)で 製造原価を下げることにより

安価で建築ができ、援助資金を有効に活用できる。

7.フィンランドからログハウス住宅キット部材を一括輸入(1軒分の部材をまとめて)することで

      国内の建築資材不足に左右されずに建築がすすめられる。

 

全ての被災地の住宅をログハウスでまかなおうと考えているわけではなく、

生活再建のために 積極的に行動される被災者の方々を 応援したいと考えています。